情報商材 - パソコンとインターネットを使って副業で1日1万円稼ぐ方法

インスタント・ブログアフィリエイト

有料情報商材を紹介しなかった訳


有料ノウハウ商材の紹介を最近は記事にしませんでした。

ネタがなかったわけではないんです。

煽りをやりたくなかったからなんです。

何十通とアフィリエイト関係のメルマガを購読していると、怒涛のごとき煽り攻勢にいいかげん食傷ぎみになります。月末とかの値上げ前・販売中止カウントダウン祭りとか(笑)。

自分もこのブログで一時やっていたのですが、ちょっと嫌になってきたこともあって、紹介を控えてきたんですね。

でも、今回はどうしても紹介したいんです。




『インスタント・ブログアフィリエイト』という名の最強の物販アフィリエイトノウハウ


有力アフィリエイターたちのメルマガ販売の力も借りず、2000本売り上げた物販ノウハウです。

『最強の物販アフィリエイトノウハウ』という方もいます。


キャッチコピーは、ほったらかしで7万8000円の商品を売り続けるブログを、たった20分で作ってしまう方法論です。


圧倒です。

圧巻です。

図解入りで懇切丁寧です。ホント誰でも実行に移せるよう丹念に解説されています。

特典すごすぎて&多すぎて書ききれません(笑)。圧倒的です←リンク先でご確認ください(すいません)。

ついてくる特典を他の情報販売者の価格で換算すると、400000円近くいくんじゃ…(注:簡単な条件あり)。

これを買わずして何を買うんじゃ!





あ。

煽ってますか。

すいません。←ちょっと鼻息荒いです(笑)。

インスタント・ブログアフィリエイト」万歳!←完全に開きなおってる(笑)。

ポキスケさん(作者の方)ありがとう!

すでにいくつか作成しましたが、この「インスタント・ブログアフィリエイト」の必殺(?)ノウハウを使ってまた気持ちも新たに儲かる物販アフィリエイトブログを量産したいと思いマス!

以上。





ちなみに、「インスタント・ブログアフィリエイト」のアフィリエイトは購入者の方しかできません。てことはあなたも購入すると…。



【後記】前半と後半で人格かわってますね(笑)。でもそれはホントにいいノウハウに出会えた喜びから来てるんです。これから本当に「インスタント物販アフィリエイトブログ」を量産します!

100円で買った古本を2,400円で売る、例の方法


同業のブログで、紹介されているところをあまり見かけない情報商品です。

理由は単純明快です。

このノウハウは値段がビジネス書籍一冊分くらいの値段しかしません。

つまり、アフィリエイトしても元値が低く抑えられている分紹介料も少ないわけですね。同じ労力なら値段が高い商材を紹介した方が儲かるわけです。

でもそれはわたしたちアフィリエイターの一方的な都合なわけで、実際に購入なさろうとする方には安い方がもちろん良いに決まっています。

しかもただ安いだけのノウハウではありません。安かろう悪かろう、なんてのを紹介するのはみなさんにとってもわたしにとっても時間の無駄です。

これは中身もてんこもり、なんと187ページの大ボリュームです。すべて印刷したらおそらくインクと紙が切れます(笑)。

わたしもじっさい一度では読みきれませんでした。

こんな値段もお手ごろで良質なノウハウを紹介しないわけにはまいりません(笑)。


100円で買った古本を2,400円で売る、例の方法


さて、肝心なのは中身です。

作者の新井さんはこのノウハウを『せどり』のバリエーションとして売り出されているようですが(タイトルからの推測)、この方法はいくらでも(商売すべてに)応用が利きます。

そのやり方(正確には○○り方)を懇切丁寧、誰にでも分かるように、これでもかというくらい丹念に説明されています。

○-○○○○にかける愛情というかこだわりというか…。

その熱意には脱帽です。

読了した購読者の方々の感想を見てみると、非常に多くの方が『9800円、いやそれ以上でもいい』という意見を寄せられています。

読み終えたあなたは、こんなに安くてお腹いっぱいお得感いっぱいリーズナブルなノウハウはあんまりないよ、と広めたくなるでしょう。

現在の価格は【1600円】です。

書店でビジネス書をよく購入される方なら、悩むほどの値段ではありません。

本気でこのノウハウを実践されれば、数十万円くらいの利益をあげることは容易にできます。

もちろんどの情報にも言えることですが、あなたの努力は必須です。

それにしても価格破壊のノウハウですね。

わたしだったらこんな値段では売りません(笑)。

唯一欠点をあげるとすれば、あの表紙の絵ですか?(笑)。←左手のデッサンとか(笑)

【後記】このノウハウを使用して儲けられる方が一人でもいればいいな…。
応援クリックはこちらから。